精液検査 郵送 精度 ! 結果と信頼性

2021/6/1修正して更新

 

 

精液検査の郵送検査キットは、精液量・精子濃度・総精子数・精子正常形態率を調べます。

 

基準値は・・・・

 

精液量 1.5ml以上
精子濃度 1ml中に1,500万個以上
総精子数 3,900万個以上
精子正常形態率 4%以上

 

通常、健康な男性の精子濃度は7000万/1ml以上と言われておりますが、大雑把な数値です。

 

上記の精液検査の基準値は最低限のレベル(これ以上はないと妊娠がむずかしい)を示したものです。

 

精子濃度が著しく低い方(1500万/1ml以下)は乏精子症とされています。

 

ただし体調や環境によりばらつきが非常に大きいため、診断には複数回の検査を要します。

 

なお、1500万/1ml以下であれば人工授精、300万/1ml以下であれば体外受精、100万/1mlであれば顕微受精の対象となります。

 

また、体調によって結果に変化が現れるため、検査は最低2回以上することをおすすめしています。

 

精液検査の郵送検査キットは、ベビーライフ研究所のみが通販しています。

 

ベビーライフ研究所の下記項目を調査しています。

 

調査項目

 

@検査の信頼性(精度)

 

A精液検査の郵送検査キット値段

 

B利用の流れ

 

C採取方法

 

D検査結果日数と確認方法

 

ベビーライフ研究所

送料無料
精液検査自宅検査キット値段

精液検査

3.480円(税別)

検査の信頼性(精度)

10万件以上の検査実績がある株式会社OESの検査

 

利用の流れと検査結果

STEP1(申込〜検査キット受取)

 

郵送

 

※採取方法⇒同包の説明書に記載

 

 

 

STEP2(採取検体返送)

 

同封の返信用封筒に入れ郵便ポストより返送

 

 

 

STEP3(検査結果確認)

 

検査結果は検体到着から通常5日、インターネット確認

 

ベビーライフ研究所