費用と料金!子宮癌検診 検査内容

2021/9/1修正して更新

 

子宮癌は、子宮の入り口部分に発生する子宮頸癌と、子宮の奥の部分に発生する子宮体癌の2種類あります。

 

宮頸癌は20代からの発生が見られ、子宮体癌は50歳前後の発生が多く肥満と関連性が高いとされています。

 

どちらも、子宮癌検診で早期発見されることが多くなり、死亡率は低下しています。

 

 

子宮癌の症状

 

初期の場合は、自覚症状がないことが多く発見が遅れる主原因です。

 

20歳過ぎたら定期的に検診を受け、早期に発見するようにしましょう。

 

子宮癌の主な症状

 

◎月経時以外にも性器出血がみられる

 

◎閉経後に出血がみられる

 

◎月経が重く長い

 

◎力んだり重いものを持った後に出血がみられる

 

◎性交時に出血がみられる

 

◎ピンク色、茶褐色などの血液の混じったおりものが出る

 

◎おりものの量が増えたり、悪臭(特に腐敗臭)がある

 

◎腰痛が長引いたり下腹部に痛みがある

 

◎排尿が、うまく出ない

 

子宮癌の予防

 

子宮頸癌の原因は、性行為などで感染するヒトパピローマウイルス感染が示唆されていますが、このウイルスは通常、感染しても95%は消滅するのですが、消滅しない場合に感染してから子宮頸癌になるまで10〜20年の時間を用するため、自覚症状がないまま進行する場合が多いのが特徴です。

 

予防するには、性行為などによる感染を防ぎ定期的に検診を受けることです。

 

子宮体癌は、50歳前後で発症する人が多く、糖尿病・肥満・高血圧などの生活習慣病に罹患した女性に多くみられます

 

予防するには、肥満にならないように気を付け定期的に検診を受けることです。

 

子宮癌検診の検査内容

 

経膣超音波(経膣エコー 超音波器具を膣内挿入し子宮の状態を調べます、卵巣がんも発見可能。
子宮頸部細胞診 子宮頸部表面の細胞を採取し顕微鏡で調べます
子宮体部細胞診 子宮内膜(体部)の細胞を採取し調べます

 

※参考元⇒子宮癌検診

 

※子宮頸がん⇒自宅検査キット ! 結果と信頼性

 

都道府県別に子宮癌検診の費用と料金検索

 

北海道・東北
札幌
青森
いわき市
仙台
新庄
盛岡

 

東京
千代田区
中央区
港区
新宿区
渋谷区
品川区
豊島区
世田谷区
中野区
大田区
文京区
杉並区
北区
板橋区
台東区
葛飾区
荒川区
足立区
多摩地区

 

関東
千葉県
横浜
埼玉県
茨城県
宇都宮
群馬県

 

北陸
長野県
新潟・長岡
富山市
金沢市

 

関西
大阪府
京都府
兵庫県
奈良県
滋賀県

 

東海
静岡県・浜松
愛知県
岐阜県
三重県

 

中国・四国
広島県
岡山・倉敷
山口県
香川県
徳島
丸亀,高松,坂出
高知

 

九州・沖縄
福岡県
佐賀県
長崎県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

 

関連ページ

 

マンモグラフィーと エコー違い!乳癌 検診 費用と動画

 

子宮頸がん 年齢別罹患率!調査結果

 

内容は?レディースドック 検診 費用

 

年代別!人間ドック 受けた方がいい検査

 

費用相場!脳ドック 検査方法

 

どこまでわかる!pet検査 癌 種類

 

尿でがん検診 !線虫がん検査